今月のガス料金

都市ガス(13A)をご利用のお客様へ

原料調整による料金変更のお知らせ

(1)一般契約料金

〔料金単価表〕

  1か月のご使用量 基本料金
(1か月あたり)
従量料金単価
(1m3あたり)
料金表A 0m3~20m3 825.12円(税込) 259.55円(税込)
料金表B 21m3~50m3 1296.00円(税込) 236.01円(税込)
料金表C 51m3~120m3 2138.40円(税込) 219.16円(税込)
料金表D 121m3~200m3 3218.40円(税込) 210.16円(税込)
料金表E 201m3~500m3 5335.20円(税込) 199.58円(税込)
料金表F 500m3を超える場合 12895.20円(税込) 184.46円(税込)

<適用期間:平成29年12月分 平均原料価格47760円/t>

料金の算定方法=基本料金(税込)+従量料金単価(税込)×ご使用量

(2)小型空調契約料金

ガスエンジンヒートポンプエアコンまたは30冷凍トン以下のガス吸収式冷温水機を専用にお使いになる場合に、お申し出により適用する料金です。

〔料金単価表〕

  基本料金
(1か月あたり)
従量料金単価(1m3 あたり)
冬期
(12月~3月検針分)
その他期
(4月~11月検針分)
1種 1911.60円(税込) 167.97円(税込) 138.81円(税込)

料金の算定方法=基本料金(税込)+従量料金単価(税込)×ご使用量

(3)空調夏期契約料金

ガスヒートポンプエアコンまたはガス吸収式冷温水機を専用にご使用になる場合に、お申し出により適用する料金です。4月~11月検針分に適用されます。

〔料金単価表〕(12月~3月検針分は一般契約料金が適用されます。)

  定額基本料金
(1か月あたり)
流量基本料金単価
(契約使用可能量
1m3 あたり)
従量料金単価
(1m3 あたり)
(4月~11月検針分)
1種 7668.00円(税込) 1803.60円(税込) 94.85円(税込)

料金の算定方法=定額基本料金(税込)+流量基本料金単価(税込)×契約使用可能量+従量料金単価(税込)×ご使用料

注1. 従量料金単価は基準従量料金単価または原料費調整制度にもとづき調整した単価といたします。

▲このページのTOPへ戻る

原料費調整制度

「原料費調整制度」とは

為替レートや原油価格の変動等による原料価格の変動に応じて、毎月ガス料金の単位料金(ガス1m3当たりの単価)を調整する制度です。

単位料金の調整
  1. (1)基準平均原料価格を72,250円(LNG換算トンあたり)といたします。
  2. (2)「基準平均原料価格( 72,250円/t )」と「平均原料価格(料金適用月の5ヶ月前から3ヶ月前の3ヶ月平均におけるLNG、LPGの輸入価格より算定)」との差額に基づいて、原料価格の変動100円につき、ガス1m3当たり0.092円(0.088円に1.05(消費税)を乗じた値)単位料金が調整されます。
  3. (3)実績の平均原料価格が115,600円(基準平均原料価格の1.6倍)をこえる場合は、115,600円を上限として調整いたします。
  4. (4)原料価格の変動については、LNG、LPGとも貿易統計実績によります。
  5. 実績平均原料価格算定対象四半期 調整単位料金の適用期間(検針分)
    前年 8月から前年10月まで 1月分
    前年 9月から前年11月まで 2月分
    前年10月から前年12月まで 3月分
    前年11月から当年 1月まで 4月分
    前年12月から当年 2月まで 5月分
    当年 1月から当年 3月まで 6月分
    当年 2月から当年 4月まで 7月分
    当年 3月から当年 5月まで 8月分
    当年 4月から当年 6月まで 9月分
    当年 5月から当年 7月まで 10月分
    当年 6月から当年 8月まで 11月分
    当年 7月から当年 9月まで 12月分
  6. (5)各月の検針分に適用する単位料金は、適用前月の検針時にあらかじめお知らせします。
    また、基準単位料金を変動させる実績平均原料価格は弊社に掲示いたします。
  7. (6)選択約款についても原料費調整制度が適用されます。適用基準は、一般契約と同じです。

▲このページのTOPへ戻る

プロパンガス料金

プロパンガスの料金については、ガス設備の状況などにより決定させていただいておりますので、お問い合わせください。
フリーダイヤル0120-11-2134(フリーダイヤル)
TEL:0494-22-2134

▲このページのTOPへ戻る

このページを閉じる